くわたか自動車

情報
INFORMAITON

当店人気のベスト3

第1位 タント(ダイハツ)

 圧倒的な車内空間とセンターピラーレスで人気のタントがこの秋待望のフルモデルチェンジ。

今回から後席両側スライドドアを採用してさらに使い勝手が良くなりました。自転車が載せられる積載力、大人4人が乗車してもゆとりのある室内空間はやっぱり魅力的。話題の止まる機能「スマートアシストⅡ」を搭載して安全性もアップ。間違いの無い一台です。

第2位 スペーシア(スズキ)

 2015年にマイナーチェンジをして「Sエネチャージ」や「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載してより魅力的になったスペーシア。32.0㎞/Lの低燃費は軽ハイトワゴンではナンバーワン。アイドリングストップ機能も機能が向上しブレーキを踏んでいる状態で13㎞/h以下になるとエンジンが自動でストップ、再始動もスムーズです。ハンドルを切っているときはストップしませんのでバックの時など煩わしく感じることはありません。

第3位 アクア (トヨタ)

 2011年の発売以来、根強い人気の「アクア」。プリウスの大型化に伴い小型ハイブリットの枠を埋めるべき誕生した5ナンバー枠ハイブリットです。
現在は遊び心満載の「エックス アーバン」を追加して、ハイブリットのイメージを変えた一台。

9,10月の人気BEST3

第1位!!

H25年9月にモデルチェンジをした3代目タントが堂々の第1位!!
H26年には、上半期新車販売台数No.1を獲得、記念モデルのトップエディションSAⅡを追加でより魅力的に!!
H27年5月には、安全性能を向上させるスマートアシスト(衝突回避支援ブレーキ機能、対車両衝突警報機能、誤発進抑制機能、先行者発進お知らせ機能)をスマートアシストⅡ(対歩行者衝突警報機能、車線逸脱警報の追加)にグレードアップして機能も最先端に!!軽自動車の小回りと大開口のミラクルオープンドア(両側スライド)の使い勝手の良さに加え28.0㎞/L・ターボ車26.0㎞/Lの低燃費も人気の理由!!

第2位

第2位はH24、25年カーオブザイヤーを受賞したハスラー!!

 個性的なデザインと遊び心満載なインテリア・安全性能と雪道などの走行性能で「軽クロスオーバー」というジャンルを確立した1台発売初年度で10万台を超える販売台数を記録したハスラーが当社でもランキング入り!!

話題のSエネチャージも追加して燃費も、32.0㎞/L・ターボ車でも26.8㎞/Lと低燃費でお財布にも優しい車です。

第3位

第3位は7月にモデルチェンジをしたシエンタがランクイン!!

12年ぶりのフルモデルチェンジをしたシエンタは「Active&Fan」をキーワードとしてトレッキングシューズをイメージした機能性と動感を表現したお洒落な外観で、1.5L・5ナンバーの3列ミニバンです。

乗車人数も6人乗りと7人乗りの2タイプ有り、気になる燃費はエンジン車で20.6㎞/Lハイブリットで27.2㎞/Lと低燃費なのも人気の理由!!

今、全国的に大人気で9月末日時点で納車まで28年2月の工場出荷予定とのことです。(グレード・カラーなどにより前後はあります)

シエンタにご興味がおありの方はお早目のご注文をお待ちしております。